初節句

節句には「節日の供御」という意味があります。

「節日」とは季節の変わり目に行うお祝いの日。「供御」とは神さまへのお供え物を意味します。

今は節句と書きますが、古くは節供と書きました。

 

節句には1月7日の「人日」(じんじつ)、3月3日の「上巳」(じょうし)、5月5日の「端午」(たんご)、7月7日の「七夕」(しちせき)、9月9日の「重陽」(ちょうよう)の5つがあり、それらを総称して「五節句」と呼びます。

 

 

 

 

初節句は生後に初めて迎える節句のことです。

男児は端午の節句の時に鯉のぼりや武者人形、鎧兜を、女児は上巳の節句(桃の節句) の時に雛人形を飾り、健やかな成長を祝います。