安産祈願、厄除開運、初宮詣、東京都中野沼袋氷川神社 公式webサイト

  • ご祭神・ご由緒
  • 年中行事
  • 人生儀礼
  • ご祈祷のご案内
  • 神前結婚式
  • 中野七福神
  • 交通アクセス
七五三

七五三

七五三 わが子が育ったお祝いと今後の健やかな成長をお祈りします。

9月・10月・11月・12月の土・日・祝日は10時から17時まで
予約なしで随時ご祈祷致します。
上記以外の日にちをご希望の方はお問い合わせください。

TEL 03-3386-5566(当日予約も可)
結婚式等でお受けできない時間帯がありますので、神社HPの「最新のお知らせ」をご覧ください。

駐車場は25台分完備しております。


初穂料(お子様一人につき) 5千円・1万円・それ以上となります。
授与品 お守り・千歳飴・おみやげセット

沼袋氷川神社では、お子様の衣装からヘアメイク・着付け・写真撮影まで神社参集殿にて専門の業者が責任をもって承っています。
公式スタジオならではの、神社を知り尽くしたお写真をお届けいたします。

七五三
詳しくはこちら
七五三のお参りの時期はいつ?

本来、七五三は11月15日に参詣していましたが、最近では日にちにこだわらず、10月中旬~11月下旬の土・日・祝日や家族の都合のよい日にお祝いをする家庭も増えています。

年齢も本来は、数え年齢(満年齢+1歳)で祝いますが、今日では満年齢で祝う方もいらっしゃいます。

七五三のお参りの時期の表

七五三のお祝いを、古くは「髪置き」「袴着」「帯解き」の祝いと呼んでいました。

「髪置き」は3歳の男女児の祝いで、もう赤ん坊ではないという意味から、今まで剃っていた髪をこの日から伸ばし始める儀式です。

「袴着」は5歳男児の祝いで、初めて袴を着ける儀式。「帯解き」は7歳女児の祝いで、着物の付け紐を取り去り、帯に替える儀式です。

現在ではその年齢にあたる子に晴れ着を着せて11月15日に神社へ参拝し、これまでの成長と健康を感謝すると共に、今後の更なる成長・健康を祈願する儀礼となっています。

本来は数え年で祝いますが、最近では満年齢で祝う場合も多く、日取りも11月15日に限らず、家族の都合の良い日に合わせてお参りする方が多いようです。

神前結婚式 厄除け・方位除け 安産祈願 道灌杉について NUNO  JAZZ  FESTA ヌーノジャズフェスタ 七五三
幸せを呼ぶ三本願い松 中野沼袋氷川神社

中野沼袋氷川神社 〒165-0025 東京都中野区沼袋1-31-4

Copyright© Numabukuro Hikawajinja All Rights Reserved.