お電話でのお問い合わせは、03-3386-5566まで

03-3386-5566

受付時間 9:00 - 17:00

ご予約はこちら ご予約 お問い合わせはこちら お問い合わせ

厄除・方位除け

厄除けについて

ご祈祷により日々の暮らしの中の様々な厄災を祓う

人の一生を通して、心身の節目となる年齢を古来より厄年といい、病気・災難その他の様々な障害が起きやすい年とされています。また、近年その根拠を医学的に解明しようとの試みがなされ、免疫力やホルモンの分泌量などの様々な データからは、特に男性の四十二歳、女性の三十三歳が体の変調をきたしやすい年齢であることがわかり、厄年と合致することに改めて驚かされます。

ご祈祷により日々の暮らしの中の様々な厄災を祓い、禍があれば転じて福となし、神のご加護の元に、明るく楽しい生活をお送りください。

ご予約について

【1月・2月(建国記念の日まで)・11月】

午前10時から午後4時まで、予約なしで随時お祓いしております。

【上記以外】

土・日・祝日は、午前10時から午後4時まで、予約なしで随時お祓いしております。

【上記以外の平日】

予約フォームまたはお電話にてご予約ください。

※お受けできない場合がございますので、お知らせ(ブログ・SNS)をご確認ください。

厄除け祈願をご希望の方は厄年早見表をご覧下さい。

令和3年 厄除け早見表

前厄
本厄
後厄

男 性

24歳

平成10年生まれ

とら

25歳

平成9年生まれ

うし

26歳

平成8年生まれ

ね (ねずみ)

41歳

昭和56年生まれ

とり

42歳

昭和55年生まれ

さる

43歳

昭和54年生まれ

ひつじ

60歳

昭和37年生まれ

とら

61歳

昭和36年生まれ

うし

62歳

昭和35年生まれ

ね (ねずみ)

前厄
本厄
後厄

女 性

18歳

平成16年生まれ

さる

19歳

平成15年生まれ

ひつじ

20歳

平成14年生まれ

うま

32歳

平成2年生まれ

み (へび)

33歳

昭和64年

平成元年生まれ

み (へび)

34歳

昭和63年生まれ

たつ

36歳

昭和61年生まれ

とら

37歳

昭和60年生まれ

うし

38歳

昭和59年生まれ

ね (ねずみ)

60歳

昭和37年生まれ

とら

61歳

昭和36年生まれ

うし

62歳

昭和35年生まれ

ね (ねずみ)

※数え年とは満年齢に誕生日前には二才、誕生日後には一才を加えた年齢です

方位除け

八方塞(はっぽうふさがり)

生まれ年の星が方位盤の中央に位置しています。

この年は四方八方より災いが降りかかりやすく、物事を始めるのに良くない年回りとされています。

鬼門(きもん)

陰陽道で鬼が出入りする方角とされ、忌み嫌われております。

物事が裏目に出易く、全てにおいて慎重な行動が必要な年です。

裏鬼門(うらきもん)

運気が少しづつ好転し始める時ですが、ここで無理をせず、焦らず慎重に行動することが大切です。

年の前半は特に注意しましょう。

困難宮(こんなんきゅう)

生まれ年の星が方位盤の北の方角に位置しています。

運気が停滞する時で、様々な面で苦労が多く、特に健康には注意が必要な年です。

祈願の流れ

  • 社務所の画像
    1

    祈願の受付は社務所です。

    こちらの玄関からお入りいただきます。

  • 受付用紙の画像
    2

    受付用紙にご住所・お名前をご記入ください。

  • 控え室の画像
    3

    こちらの控え室でお待ちください。

  • 案内の様子
    4

    順番が来ましたら係が案内致します。

    ご社殿へお進みください。

  • 修祓の様子
    5

    祈願はまず修祓というお祓いから始まります。

  • 祝詞奏上の様子
    6

    次に祝詞を奏上します。

  • 鈴幣の儀の様子
    7

    清らかな鈴の音のもと、神様からの恵を戴く「鈴幣の儀」です。

Instagram