お電話でのお問い合わせは、03-3386-5566まで

03-3386-5566

受付時間 9:00 - 17:00

ご予約はこちら ご予約 お問い合わせはこちら お問い合わせ

年中行事

年中行事

沼袋氷川神社の主な行事について

日本には四季折々に様々な神事や行事があります。

それらは古来より連綿と受け継がれて、現代に生きる我々に大切に伝えられています。

中野沼袋氷川神社では、年間を通じて季節ごとのお祭りや行事を厳粛に執り行っており、中でも例大祭や大祓神事は大勢の方がいらっしゃいます。

境内内の様子
  • 歳旦祭(さいたんさい)の様子

    歳旦祭(さいたんさい)

    沼袋・野方の囃子連により、賑やかなお囃子が奏でられ、雄壮な獅子舞の披露が新年の始まりを景気づける。境内中央では古い神札などを燃やす「お焚きあげ」を行う。(12/31~1/3)

  • 元始祭(げんしさい)の様子

    元始祭(げんしさい))

    沼袋・野方の囃子連により、賑やかなお囃子が奏でられ、雄壮な獅子舞の披露が新年の始まりを景気づける。境内中央では古い神札などを燃やす「お焚きあげ」を行う。(12/31~1/3)

  • 初午祭(はつうまさい)の様子

    初午祭(はつうまさい)

    境内末社の稲荷社で2月最初の午の日に行われる祭。

    京都の伏見稲荷大社の御祭神が、2月の初午の日に降臨した事に由来し、全国各地の稲荷社で五穀豊穣や商売繁盛の祈りが捧げられる。

  • 祈年祭(きねんさい)の様子

    祈年祭(きねんさい)

    2月17日に行われる神社で最も重要な祭の一つで「としごいのまつり」ともいわれる。

    農作業の始まりにあたり、その年の五穀豊穣や産業の発展、国家・国民の繁栄を祈る祭礼。

  • 天長祭(てんちょうさい)の様子

    天長祭(てんちょうさい)

    天皇陛下ご生誕をお祝い申し上げ、陛下のご長寿とご健康、そして大御代のご安泰を祈る祭礼。また同時に皇室の弥栄と国家・国民の繁栄を願い、祈りを捧げる。

  • 天王祭(てんのうさい)の様子

    天王祭(てんのうさい)

    境内末社、天王社の祭札。

    氏子総代・敬神婦人会役員の参列のもと、疫病退散・家運隆昌の祈りを捧げる。また、参列者には無病息災の祓いを受けた赤飯が配布される。

  • (※5月31日(土)、6月1日(日)になる年もあり)

    例大祭(れいたいさい)の様子

    例大祭(れいたいさい)

    神輿渡御(土・日)

    奉納舞踊(土・19:00~)

    祭礼式典(日・15:00~)

    イベント・演芸(日・19:00~)

  • 夏越の大祓(なごしのおおはらえ)の様子

    夏越の大祓(なごしのおおはらえ)

    半年間の罪穢れを形代に託し、祓いの神事を行った後、茅の輪をくぐって無病息災を祈る儀式。古式に則り、他社ではあまり行われない切麻散米(きりぬきさんまい)や裂帛(れっぱく)の儀を厳粛に執り行う。

  • 七五三参り(しちごさんまいり)の様子

    七五三参り(しちごさんまいり)

    3才の男女児、5才の男児、7才の女児が、おかげさまでこのように立派に成長しました。これからもどうぞ御加護下さいと、晴れ着を着て、親族こぞって神社へお参りし祈念を捧げる行事です。(地方によっては数え13才になった子供が、同じ趣旨で神社にお参りする13参りをする所もあります)

  • 新嘗祭(しんじょうさい)の様子

    新嘗祭(しんじょうさい)

    収穫祭にあたる祭礼で、神社で最も重要な祭の一つとされている。

    その年に収穫した五穀を神前に供え、感謝の祈りを捧げてそのお下がりを戴く祭礼。

  • 年越の大祓(としこしのおおはらえ)の様子

    年越の大祓(としこしのおおはらえ)

    半年間の罪穢れを形代に託し、祓いの神事を行った後、茅の輪をくぐって無病息災を祈る儀式。古式に則り、他社ではあまり行われない切麻散米(きりぬささんまい)や裂帛(れっぱく)の儀を厳粛に執り行う。

Instagram