三本願い松

古来より、「悪しきことはスギ去れ、願い叶うをマツ」と、杉の木に願いを掛けて不運・災難から逃れ、松の木に幸福を願うと必ず叶うと信じられてきました。

 

境内にそびえる3本の松は樹齢およそ500年、神社の御神木として参拝者を見守り続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では「三本願い松」と呼ばれ、多くの人々が様々な想いを胸に秘め、そっと手を伸ばし松に触れて願いを託しているようです。